極上豚肉で作る、横須賀松坂屋の【ステーキみたいなハム】

ハム ガーリックオイルで焼いても美味しい!

100年続く肉屋の目利き職人が妥協しない素材を選ぶ

「ズンとした豚」そんな言葉で語られる豚肉を選びます

ハム作りで最も大切なのは豚肉選び。
脂っぽく無く、水っぽく無い。中身に肉がしっかりと詰まったズンとした肉を選ぶのが特徴です。

横須賀松坂屋の仕入れる豚肉は有名なブランド名こそ付いていませんが、三浦半島の豊かな自然と穀物で育った上質な豚を仕入れます。100年に亘り横須賀で肉屋を営んできた私たちは、仕入れ先の業者からも「良い肉しか買わない」ということで有名です。小豆色(あずきいろ)の豚肉は旨みが凝縮しており、ハム作りに適した素材です。

コダワリ抜いてたどり着いた製法

余分な脂は取っていき、美味い脂は残す

加工で大切なのは素材の仕込み。脂っこくならないよう、余計な脂は丁寧に除去します。臭みの原因になる骨や血管も丁寧な包丁さばきで取り除きます。
この手間暇は大量生産品ではできない部分。そこが旨みを引き立たせるのに役立ちます。

仕込み中のハム

 

野菜スープに浸透させる

横須賀松坂屋のハム製法の最大の特徴はじっくりと肉を野菜スープに漬け込むこと。

低温で2週間ものあいだ浸透させます。これにより余分な脂と臭みが取り除けるため、マイルドな味が広がるのです。

また、三浦半島の野菜が織りなす爽やかな風味がわずかにお肉に混ざることでまろやかな香りが加わります。

 

ボイルもスモークもじっくり!

温度と時間はヒミツですが、ボイルもじっくり行います。これにより滅菌を確実にしながらふっくらとした味わいあるハムに仕上がります。

そして最後のスモーク。これも低温でゆっくりと。きれいなオレンジ色になったら完成です。

文章で書くと短いんですが、作るのは本当に長いんですよ!
スモーク中のハム

愉しみ方

あつあつのご飯をハムで巻き、醤油でパクッ!

横須賀松坂屋のハム、一番の愉しみ方は、あつあつのご飯の上、ハム+お醤油 という組合せです!
ハムでご飯を巻く!?
本当に美味しいので一度試してみて下さい!これはやみつきになります。

松坂屋のハム、熟成の味です

ハムを使ったサンドイッチ

ハムと言えば定番のサンドイッチですね。

レタス、トマトなどを挟めばジューシーな美味しいサンドイッチのできあがり。

子供から大人までとても喜んでいただけるレシピです。ぜひご賞味下さい。
松坂屋のハム 真空パックでいつでも美味しさを保ちます

ロースハムのお買い求め

横須賀松坂屋のロースハムはこちらのご注文フォームからお買い求めいただけます。

松坂屋ご注文フォームへ ロースハム 100g 594円(税込)

ハム 盛り付け例