極上豚肉で作る、横須賀松坂屋の【ソーセージ・チョリソ】

ソーセージ・チョリソ ボイルで焼いても美味い肉汁がジュワッと広がる!

寝不足になりながら理想のソーセージを追求した四代目店主が選ぶ妥協なき素材

地元の新鮮な豚肉、それに限る。

新鮮な豚肉
ソーセージ作りで最も大切なのは豚肉選び。

脂っぽく無く、水っぽく無い。中身に肉がしっかりと詰まったズンとした肉、そして新鮮な豚を選ぶのが特徴です。横須賀松坂屋の仕入れる豚肉は有名なブランド名こそ付いていませんが、三浦半島の豊かな自然と穀物で育った上質な豚を仕入れます。

100年に亘り横須賀で肉屋を営んできた私たちは、仕入れ先の業者からも「良い肉しか買わない」ということで有名です。

小豆色(あずきいろ)の豚肉は旨みが凝縮しており、ソーセージ作りに適した素材です。

他社ではゼッタイまねできない製法

丁寧に骨と血管を取り除く。この手間が大事

加工で大切なのは素材の仕込み。臭みの原因となる骨や血管は丁寧な包丁さばきで取り除きます。

天然塩、胡椒で下味を付け、冷蔵庫でじっくりと1~2週間寝かせます。これが短期間では旨みがでません。この手間暇は大量生産品ではできない部分。

 

野菜スープに浸透させる

横須賀松坂屋のソーセージ製法の最大の特徴はじっくりと肉を野菜スープに漬け込むこと。香辛料に頼らない、三浦野菜 季節の野菜を入れて作ります。詳しくはヒミツですが、野菜の他にも旨みのベースになる物を入れてじっくりと漬け込みます。

野菜スープと様々な旨み成分がじっくりと染みこみ、濃厚な味がいきわたるのです。

三浦半島の野菜が織りなす爽やかな風味がわずかにお肉に混ざることでまろやかな香りが加わります。

 

天然腸を使って本当のソーセージを味わって欲しい

横須賀松坂屋のこだわりは「天然腸」。ソーセージのカバーとなる腸は味の大きな決め手なのです。

天然腸は肉との味の一体感があります。食べたときの食感がほどよく、堅すぎず、柔らかすぎない。これが本当のソーセージなのです。

天然腸はコラーゲンもたっぷりなので、健康と美容にもイイですよ!

天然腸で作ったソーセージは自然な曲がり具合が特徴。そして太さが均一ではありませんので、味わいが少しずつ変化します。

ソーセージ・チョリソイメージ1

スモークも回数を重ねてじっくり!

サイレントカッターで熟成した肉と複数の天然成分旨みの元を入れて混ぜ合わせます。

腸詰めしたあとは最後のスモーク。これも低温でゆっくりと。松坂屋のスモークは一度ではありません。何度も繰り返しきれいなオレンジ色になったら完成です!

この味にたどり着くまで長い道のりでしたが、ぜひ日本中の人に味わって欲しい、自慢の一品です!

ソーセージ・チョリソイメージ2

愉しみ方

シンプルにボイルがベスト!ぜひビールと一緒に♪

ハムに間違われるほどボリューム感たっぷりのソーセージ。一番の愉しみ方は、シンプルなボイルです!これは文句なし。ボイルしたソーセージには旨みエキスがたっぷりジューシー。焼けどしないように(笑)ビールのおつまみに最適です。いや、これ以上のおつまみは無いんじゃないかな!

ソーセージ・チョリソイメージ3

チョリソーはフライパンで焼くと香ばしい

チョリソーなど太めのソーセージはフライパンでじっくりと焼いて下さい。表面がパリパリになって焦げ目が付いたらOK!
ハーブとスモークの香り高く、大満足のおいしさ!これもやみつきになります~

ソーセージ・チョリソイメージ4

ソーセージ・チョリソのお買い求め

横須賀松坂屋のソーセージ・チョリソはこちらのご注文フォームからお買い求めいただけます。
内容は季節で変わるのでインスタを随時ご覧下さい。

松坂屋ご注文フォームへ ソーセージ・チョリソ 100g 1,080円(税込)